文化財防火デー 応賀寺薬師堂自衛消防隊防火訓練
平成25年1月19日(土) 午前9時  於応賀寺薬師堂前

写真はこちらをご覧下さい。
<趣旨>
 第59回文化財防火デーにあたり、文化財を多数保有する応賀寺において防火訓練を実施し、文化財を火災から守り、関係各位の文化財愛護の高揚をはかる。また、寺院、檀信徒、近隣住民、行政、消防機関等の連携、警防体制の向上に資することを目的とする。

<実施内容>
 1)住職、自衛消防隊による通報、文化財搬出、避難誘導訓練
 2)住職、自衛消防隊による初期消火訓練
 3)湖西市消防団 第13分団による出動、消火訓練
 4)既存消防設備の点検作動確認

<実施次第>
 1、開会式(総代挨拶)
 2、訓練要領の説明(自衛消防隊長)
 3、搬出・放水訓練
 4、設備点検管理説明
 5、閉会式(湖西市教育長様講評、湖西市消防団副団長様講評、住職謝辞)

<搬出・放水訓練要領>
 1)参拝者が火災発見、火災報知器作動(拝殿西の報知器のボタンを押す)。
 2)住職、報知器音を聞き現場に急行。薬師堂南東、縁の下にて火災発見。
 3)住職、消防署へ火災通報。
 4)住職、消火器による初期消火。
 5)自衛消防隊および近隣住民に非常を知らせる鐘を鳴らす。
 6)自衛消防隊、鐘を聞いて活動開始。
 7)消防団、消防署からの指示により活動開始。
 8)消防団、門前消火栓取水により消防車を経由し放水。
 9)しばし放水の後、鎮火したものとし自衛消防隊長、消防団分団長の指示により放水終了。

<自衛消防隊配置>
 隊長(指揮・統括)
 1班(搬   出)
 2班( 避難誘導 )
 3班(ポンプ操作)
 4班(放水銃 東)
 5班(放水銃 西)